FXの「ロング・ショート」って何?基本知識を抑えよう!

 FX(外国為替証拠金取引)をスタートしよう!と思った投資ビギナーの人の中で、「売り」や「買い」、そしてそれらにまつわる専門用語に戸惑ってしまった…という人も多いはず。
でもこれらの用語や取引の仕方は、基本的なポイントを抑えてしまえば意外とカンタンに憶えることができてしまいます。
ここでは「売り/買い」「ロング/ショート」等の用語について、また取引のポイントについてをご紹介していきましょう。

≪ロング・ショートとは?≫
「ロング」とは買い、「ショート」は売りを意味する言葉です。

例)
・ユーロをロング→意味:ユーロを買い
・米ドルをショート→意味:米ドルを売り

≪「ドル/円を買う」とは?≫
「◯/◯を買う(売る)」というように2つの通貨が並べて記述されている場合、主語となるのは左側の通貨です。
右側の通貨は左側の通貨のペアであり、左側通貨とは反対の行為を行ったことになります。

例)
・米ドル/円を買った→意味:円を売って米ドルを買った
・米ドル/ユーロを売った→意味:米ドルを売りユーロを買った

≪ロング・ショートの両者に対応するFX≫

FXはロング(買い)、ショート(売り)のいずれでもリターンを出すことができるのが特徴であり、投資家にとってのメリットでもあります。

外貨預金等の他の投資の場合だと、まず「ロング(買い)」から始める他がありません。
外貨の価値が上がり(ドル円の場合なら円安となり、)、初めて差額となるリターンが生まれる仕組みです。
円高となった場合にも「ショート(売り)」を選べず、リターンを得ることなく損失を生み出すだけ…ということになります。
ところがFXの場合であれば、円高となった場合にはショートでポジションを持ち、リターンを生み出すことも可能。
為替の動向がいずれに向いても、その動きに沿って差益を得ることができるのです。

≪日本人トレーダーの取引の傾向とは?≫

FXはショート・ロングのどちらもリターンを生み出せるシステムであるにもかかわらず、日本人トレーダーはショート(売り)をする人が少ない傾向を見せています。
これはなぜなのでしょうか?
理由は様々ありますが、大きく分けて以下の2つが考えられます。

1)日本の金利の低さ
日本の金利が世界標準から見て遥かに低い時代が長く、海外の金利が高い状態が続いていたことは大きな影響の一つです。
ロングでポジションを保持しておけば、海外の高い金利による差益だけでもリターンを生み出すことが可能であったことは「ロングのみ」を選ぶトレーダーを多く生み出したと言えるでしょう。

2)株式投資の影響
従来のFXトレーダーは元々株式投資(株)を行っていた人も多く、FXを「株感覚」で捉えている傾向が否めません。
株式投資では多くの人が「買い」で利益を生んでおり、「売り」を選ぶ人は少なめです。
このことから「FXも株と同様に『買い』で」という考え方が生まれてきたと言えます。

≪FXでリターンを得るには「ショート」にも注目≫

上記のとおり「ロング(買い)」に偏りがちな日本人FXトレーダーの取引。
しかしせっかくのFXのメリットが、これでは半減してしまいます。
「ショート」をうまく使いこなしてこそ、通貨の上昇/下落の両面に対応し、大きなリターンを掴むことになるのです。

そして上記の専門用語解説でご紹介したとおり、FXでは常にペアとした通貨のいずれかを売った場合、その反対の通貨を買ったことになります。
「ユーロ/円をショート(売り)」とした場合、左側の通貨であるユーロは「売り」ですが、円は「買った」ということになるわけですね。
闇雲に「ロング」を選ばなくても購入は可能なシステムなのですから、「ロング一点」に絞る必要はなくなります。

更に現在では海外の金利が下落しており、従来のような「日本=低金利、海外=高金利」といったような金利幅はなくなっている状態です。
ロングを維持し、スワップポイントによる金利差でリターンを生み出し続ける…という方法は、現在では通用しなくなってきています。

過去の「ロングのみ」というこだわりを捨て去り、「ショート・ロングを使いこなす」というステップに入ることが、日本人トレーダーがFXで堅実なリターンを効率よく生み出すために必要な手段であると言えるでしょう。

≪初心者はシンプルなルールからスタートするのも手≫

「ショート」や「ロング」、「売り/買い」の知識について、もっと実践的に覚えたい…という投資初心者は、更にシンプルなルールのバイナリーオプションから投資をスタートするのも手です。

例えば「ハイローオーストラリア」等では、通貨の上昇/下落を予測するだけのカンタンなルールで投資を始めることができます。
為替の基本的な知識をバイナリーオプションで実践的に憶えていき、そこからFXにステップアップしてみるのも良いのではないでしょうか?

News

多くの人にとって株式取引を始めるきっかけは、株式取引は短時間にお金を稼ぐことができるものなのでやってみようと思った。というくらい軽い気持ちで始める人がほとんどだと思います。しかし、そのような人の中から、株式投資で小額を稼ぐのではなく、大金を稼げるようになる人はごくわずかです。

その理由は、多くの個人投資家は株式投資で自分の持ち株が少し上がるとすぐに売ってしまい、株価が大きく上がるまで我慢して株式を持ち続けることができないからです。


sdf77