為替レートを考える

 FXでは、外国為替市場の為替相場の変動を利用して、利益を求めていくことになります。
通貨に利益をもたらすものは、その為替相場での交換比率の変動、つまり通貨価値の変動であり、これを為替レートと呼んでいます。

通常、為替レートは二つの通貨の間での交換比率のことであり、この二つの通貨の需要と供給のバランスによって決定されます。
例えば、国内のFXでもよく取り引きをされており、テレビのニューストピックスでも見かける「米ドル/円」の通貨のペアで考えてみましょう。
この通貨ペアで取引きする場合は、「米ドルを売って、円を買う」といパターンと、「米ドルを買って、円を売る」という二つの取引きパターンが存在しています。
ちなみにこれは、「円を売って、米ドルを買う」と「円を買って、ドルを売る」というパターンと表裏一体であることを頭に入れておきましょう。

ではこの米ドルと円の通貨ペアで、「ドル安円高」の為替レートになっていった場合には、日本の円に人気が出たか、アメリカの米ドルに人気が無くなった、という可能性が考えられます。

日本の通貨が値上がりするには、日本の経済状況に有利な要素が認められ、為替市場で通貨が買われていき、結果として円が高くなるため、相対的にドルが安くなるという形になっていくことになります。

逆に、アメリカの経済事情に不安要素が生まれ、米ドルが嫌われることで、米ドルを手放したいという心理が市場に広がり、米ドルが安くなっていった結果として円が高くなるという事が考えられるのです。

ここで大切なのは、あくまでも相対的に為替レートは変動するという事で、日本の経済事情が変わらなくても、アメリカの経済事情が好調か、不調かによって、円高にもなり円安にもなる、という事です。
極端な話をすれば、この二国の経済状況がどちら共に好調、あるいは不調であった場合でも、どちらかの通貨に対して人気が上がる、下がるがあれば相対的についになる通貨も下がる、上がるが生まれてしまうという事になるのです。

こうした事から、為替レートを考える場合には、その通貨がペアになっている通貨との関係性、双方の国や地域の経済状況を鑑みる必要があり、さらには、その周りの通貨との関連と為替市場での人気の度合いなども読み解いて行かなくてはならないのです。

もちろん、これは米ドルと円に限定された話ではなく、外国為替市場で取引きをされている通貨全てに、この為替レートの原理というものがあてはまるのです。

FX取引では、こうした為替レートの変動を利用して利益を求めていくわけなのですが、この為替レートを読んでいく為には、どのような手法を用い、どのような情報、材料を求めていけばいいのでしょうか。

まず第一に、外国為替市場の動きを包括的に長期的に判断していく、「ファンダメンタル分析」を用いていくのが良いでしょう。
為替レートの変動は様々な要素がからんで発生します。この国や地域の経済状況や国の出維持動向も大きな要素ですし、テロや戦争などの地政学的リスクや、台風、寒波、地震といった大きな自然災害などでも変動します。
また、通貨売買が盛んな現代では、これらに付帯して市場に参加する世界中の投資家の売買心理というもの大きな要素になっていますので、こうした事を読み解いていく為にも、様々な情報を入手して、読み解いていく必要があるのです。

例えば、固定相場制から変動相場制に切り替わったばかりの頃の日本の円は、1ドル360円からその推移をスタートさせ、高度経済成長期やバブル景気などを体験し、1ドル70円という高値を付けるという状態になったこともあり、また、こうした日本の円を利用して金利差を狙った投資家たちが、キャリートレードなどに投資ををして、円高に進むべき為替レートを円安に引き戻すなどの状況を生んだこともありました。

このように、様々な要因で為替レートは変動していきますが、短期的な変動で考えていく場合には少し勝手が違ってきます。

為替レートは、先にもあったとおり通貨の交換比率を指しますので、その売買の需要と供給によって変化していきます。
こうした事から、短期で為替レートを見ていくと、秒単位で刻々と変化を続けたままその動きは細かな上下の変動を繰り返していきながら、それが大きな相場の動き、一方向に値動きが進むトレンド相場、停滞していくレンジ相場、などを繰り返して、さらに長期的な大規模な変動へと繋がっていくのです。

このために、短期での為替相場を予測する場合には、為替レートの値動きを指標化、チャート図化して読み解く「テクニカル分析」を用いるのが良いでしょう。

おおよその変動要素をまとめると、金利が高く経常収支が黒字であるなどで景気が良い国の通貨は人気が出て値上がりし、これらが不調であると通貨に人気がでて値下がりします。
また、為替レートの変動について国や政府が言及したり介入することで、大きな変動が出ることもあるので注意が必要です。
例外的な要素として、他の通貨に不安が広がったり、原油などの他の投資取引に不安要素が広がると、そのリスクの回避先として、安定している通貨が買われて値上がりすることもあるので注意が必要でしょう。

こうした事に注目しておくためにも、日々のニュースや為替レートの短期的な値動きにも気を配って、FX取引を行うことが重要なのです。

News

多くの人にとって株式取引を始めるきっかけは、株式取引は短時間にお金を稼ぐことができるものなのでやってみようと思った。というくらい軽い気持ちで始める人がほとんどだと思います。しかし、そのような人の中から、株式投資で小額を稼ぐのではなく、大金を稼げるようになる人はごくわずかです。

その理由は、多くの個人投資家は株式投資で自分の持ち株が少し上がるとすぐに売ってしまい、株価が大きく上がるまで我慢して株式を持ち続けることができないからです。


sdf77